• レシピ

通販でお取り寄せした無農薬ブロッコリーのおすすめレシピ!

農家さん直送市場の通販サイトを利用して、

無農薬・無化学肥料のブロッコリーを送っていただきました。

ブロッコリ-は、アブラナ科の緑黄食野菜であり、ビタミンBやビタミン、カロテンや鉄分などを豊富に含む、栄養価の高い野菜です。

日本ではブロッコリーを茹でて食べることが多いですが、欧米では生のままのブロッコリーをサラダにして食べることも多いそうです。

その他にもブロッコリーは、シチューやグラタン、炒め物、天ぷらと、和洋中さまざまな料理で美味しく頂けます。

ブロッコリーのレシピ

外食やテイクアウトの料理で見かけるブロッコリーは、つぼみの房の部分だけが多いです。

もちろんブロッコリーの房は美味しいですが、実はブロッコリーの茎は、房以上にしっかりとした甘みがあり美味しいです。

ですのでブロッコリーは房と茎、どちらも調理し美味しく召し上がっていただけます。

ブロッコリーの洗い方・切り方

ブロッコリーは、房の間に汚れが付いていることがあるので、小房に切り分けてから水で洗います。

まずはブロッコリーを小房ごとに茎から切り落とします。

大きい房は、房の部分から包丁を入れてしまうとバラバラになってしまうので、茎部分から数cm切り込みを入れてから手で房部分まで切り裂いてください。

そして水洗いをします。

茎は、そのまま食べやすい幅に切っても良いですし、固い皮が苦手な方は、茎の皮をむいてから切ってください。

1.茹でブロッコリーレシピ

①お鍋にたっぷりとお湯を沸かし、塩小さじ2を加え、ブロッコリーの小房と切った茎を入れます。(茎の皮をむかない場合は、先に茎を湯がいて2分ほどしてから房を入れ、時間差をつけて茹で始めます。)

②ブロッコリーの房を小さめに分けた場合は2分、大きめの場合は3分ほど茹でます。

③茹で上がりましたらザルにあけ、水につけずにそのまま冷まして完成です。

水にさらしたり、水につけますと、房の間に水が入り、水っぽい仕上がりになってしまいます。

そのままサラダに加えても彩り豊かですし、胡麻和えや、鰹節と醤油で和えても美味しいです。

2.アメリカ風・生ブロッコリーサラダレシピ

①ベーコンをフライパンでカリカリになるまで炒めて、小さ目に切り分けます。

②ブロッコリーは小さめに房を切り、洗って水気をきっておきます。茎は皮をむいて食べやすい大きさに切り分けます。

③ボールに、マヨネーズ大さ4、砂糖小さじ1、塩コショウ小さじ1/2を混ぜ合わせます。

④③のボールに①と②を入れ混ぜて完成です。

茹でたブロッコリーとは違うポリポリとした食感を楽しめます。

3.ブロッコリーのオニオン炒め

①フライパンにオリーブオイル大さじ2とすりおろしたニンニク大さじ1を入れて弱火でじっくり熱します。

②ニンニクの香りがしてきましたら、小房に切り分け洗った房と、一口大に切った茎を入れ、塩コショウをして炒めます。

③全体に油が回りましたら、水大さじ1を入れて蓋をして蒸し焼きにします。

④3分ほどたちましたら蓋をあけ、ブロッコリーに軽く焼き目が付くまで炒めて火を止めます。

⑤最後に粉チーズ大さじ2を振り絡めて完成です。

茹でずにあっという間にできる美味しいレシピです。

4.ブロッコリーと厚揚げの簡単チーズ焼き

①耐熱皿に小さめに切り分けたブロッコリーを入れ、ふんわりとラップをしてレンジで4分加熱をします。

②①の耐熱皿に一口大に切った厚揚げか、ウインナーなどを入れ、再びラップをして2分加熱します。

③②の上からマヨネーズを薄くまんべんなくかけ、その上からとろけるチーズをかけます。

④チーズに焼き目が付くまでトースターで加熱をして完成です。


農家さん直送市場【家庭用】無料会員登録

農家直送の新鮮野菜。収穫情報を配信中!

ポイント1

オーガニック野菜をお届け後、農家に直接”ごちそうさま”を伝えられる。

ポイント2

オーガニック野菜の収穫情報・農家直送野菜のおすすめレシピなどをメールマガジンで配信。

ポイント3

オーガニック野菜の2回目以降のご注文では、住所等の情報入力が不要に!

初めてご利用の方は、こちらよりE-mailアドレスをお送りください。
会員登録後、即日ご注文が可能になります。
 ※5分で登録完了いたします。 

E-mail

会員登録がお済みの方