レシピや豆知識

  • 豆知識
  • 2020年09月06日

自然農法、自然栽培とは

自然栽培について

自然栽培全国普及会によりますと、自然栽培とは以下の定義とされています。(自然栽培全国普及会とは 生産・流通・消費のそれぞれが三位一体となって自然栽培を通して 本来の食と環境を取り戻す取り組みを行う会だそうです。)

なお、法律(JAS法等)では「自然栽培」は定義されていません。

~「自然栽培」とは自然の力をいかんなく引きだす永続的かつ体系的な農業方式の呼称です。肥料・農薬には頼らず植物と土の本来持つ力を引き出す農業です。
自然栽培は、一切の肥料・農薬を使用しません。「自然栽培」の定義は自然界を教師にして、自然から学び、自然を尊びながら自然に添っていく。そして大自然の法則を田畑に応用するという農法です。~

有機野菜は、一般に家畜の糞尿や、米ぬか、大豆かす、油かす等有機質の材料を使用しています。自然栽培は、そう言ったものは使用せず、自然の贈り物である草と落ち葉を使用し野菜やお米を育てていく方法ということです。

自然農法について

「自然農法」とは、自然の力や働きを採り入れた農法です。なお、法律(JAS法等)では「自然農法」は定義されていません。

「自然農法」を日本で初めて提唱し取り組みを開始した岡田茂吉の考え方では、「農薬や人糞肥料・化学肥料を⼀切使⽤せずに、枯れ草や藁などで堆肥を作って⽥畑に還元し、⾃然界の⼟壌と同じ⽣命⼒溢れる⼟を作り出し、⾃然の仕組みを上⼿に再現した農産物⽣産⽅法」が自然農法の特徴であるとされています。

2番目に「自然農法」を提唱したのは福岡正信であり、「不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)」を特徴とする農法です。

自然農法の中にも多少の違いはあるようですが、自然農法の基本としては、雑草を抜かない、肥料を足さない、耕さない、しかも農薬も使わない、そんな農業法が自然農法とされています。有機JAS規格の有機農法では、有機肥料だけではなく認定された無機肥料や使用可とされている農薬もあるので、有機農法よりもより自然に近い農法といえます。ただ、JAS規格のように国が定め承認する基準や検査があるわけではないので、細かい方法や基準は個々の農家の方にゆだねられている傾向があります。

 

 


農家さん直送市場【家庭用】無料会員登録

24時間受付/無料!全国の収穫情報を毎日配信中!

ポイント1

ご注文後、農家さんに直接”ごちとうさま”を伝えられる。

ポイント2

収穫の情報などのメールマガジンを配信いたします。

ポイント3

2回目以降のご注文では住所などの情報入力が不要に!

初めてご利用の方は、こちらよりE-mailアドレスをお送りください。
会員登録後、即日ご注文が可能になります。
 ※5分で登録完了いたします。 

E-mail

会員登録がお済みの方